PROFILE

「鍼灸×美容×食事管理」で内側から変わる

猪原大輝

daiki ihara

愛知県名古屋市生まれで高校卒業後トライデントスポーツ医療看護専門学校柔道整復学科で学ぶ。
その後名古屋鍼灸学校にて鍼灸・あん摩マッサージ指圧師に関する勉強をする。
極楽鍼灸接骨院、若山整形外科、ごくらく訪問マッサージで実践経験を積み修業を重ね、今はソアン上前津治療院で美容鍼灸師や食事管理指導の分野で活躍。

食事という人間にとって欠かすことができない分野に注目し、実際に美容効果を発揮している点も特徴。
非常に勉強熱心で女性にとって憧れでもある小顔矯正は話題性抜群で、その他にもパーソナル指導、美容鍼の実力も確か。
4種類の国家資格を有しているからこそ可能な治療で様々な方法で悩みにアプローチしている。

略歴

トライデントスポーツ医療看護専門学校柔道整復学科卒業 名古屋鍼灸学校卒業 ソアン上前津治療院院長 長野式鍼灸治療セミナー修了

保有資格

鍼師/灸師/柔道整復師/あん摩マッサージ指圧師
最短で4つの国家資格を取得したその理由とは
-なぜ患者さんを治療する世界に入ったのか教えてください!

猪原:小学生の頃から長い間スポーツを行い、小学生時代はドッジボール、中学生時代はバスケットボールのクラブチームと部活動で汗を流し、高校時代にはバスケットボール部のキャプテンも務め、かなり熱心にスポーツに打ち込んできました。怪我による身体の痛みで思うようにプレーができないことが増え、ストレスを感じていました。そんな時に「治療で痛みが和らいだら良いのに…」と思ったのがきっかけとなり、施術をする側になりたいと思いました。

-全部で4種類の国家資格をお持ちですが、勉強は大変ではなかったですか?

猪原:とても大変でした!高校を卒業してすぐそのまま専門学校に入りましたが、周りの友達は大学生ライフを思う存分楽しむ中、私はひたすら勉強をしていました。3年経過し国家試験も無事終わって、すぐに次の専門学校へ…というハードな学生生活で、その後また3年間勉強し続けて、6年間で国家資格を4つ取得することができました。とても大変でしたが、この経験はとても重要なものだったと今でも感じています。

-そうなんですね!それぞれの人の症状次第で鍼や灸、マッサージなど最適な治療方法が異なるのでしょうか?

猪原:はい、それぞれに適した方法で治療をします!鍼灸師資格だけの方、柔道整復師資格だけの方が多い中、あん摩マッサージ指圧師としても実技経験を積んでいるので、まずは基本となる患者様の身体の触り方がそもそも違います。柔道整復師として骨格のズレや可動範囲の改善をしたり、鍼灸師として内部からのアプローチもし、あん摩マッサージ指圧師として患者様の身体に適切に触れ、そして筋肉の素材を把握することもあります。西洋医学と東洋医学の両方を学んだことにより、幅広い技術の選択と新しいアプローチができます。

-この仕事をしていてのやりがいがあったらお聞きしたいです。

猪原:痛みがなくなったり、姿勢が変わることで「明るい生活が送れるようになった」と言われることが何より嬉しいです。「痛みが取れたから良かった」ではなく、「より明るいライフスタイルが送れる」ということが大事だと思っています。

-ありがとうございます。患者さんに治療をする際に注意していることや心がけていることはありますか?

猪原:はじめて来院された時より、必ず良化させるように心がけています。初回の施術で「楽になった」と患者様が感じられると、「この調子なら良くなりそうだな!」と気持ち的にも前向きになれると思いますし、希望を与えられると思うのです。そしてできる限り身体に負担がかからない優しいタッチでの施術を心掛けています。

-確かに初回の治療で効果が出ると自分の症状に対して前向きに考えられますよね!現在美容鍼灸師として活躍されていますが、鍼灸で美容に繋げるというのはなかなか想像できないです…。鍼灸と美容にはどんな関係性があるのか教えてください。

猪原:良いスキンケア化粧品を毎日のケアで使う事も効果的です。しかし、そもそも液体を吸収して肌に取り込んで働かせるのは身体の細胞なので、その細胞の機能を活性化してあげた方がより効果的なのです。身体の内側の機能性を高めることにも注目する必要があるのですが、鍼灸治療は効果的にそれを実現させてくれます。だからこそ美容にも鍼灸が必要不可欠というわけです。

-そうだったんですね!初めて知りました!美容鍼は痛みが少ないと聞いたのですが本当ですか?

猪原:本当です、ご安心ください!最初は痛みがあるのでは?と心配される方も多いのですが、施術が終わると「想像とは違い痛くなかった!」と仰る方ばかりです。

-小顔矯正が女性の間で流行っているようですが、実際に施術を受けに来る方は増えています?

猪原:実際に増えています!女性のみならず、最近は男性も小顔矯正を受けられています!男性は女性に比べて鍼への恐怖心があるようで、小顔矯正だけを希望される方も多いですよ。

-男性の方も小顔矯正に興味を持っているという点には驚きました!食事管理指導もされていますが、患者様をみて最近の日本人は食生活に無頓着、興味を持っていないと実感されたりしますか?

猪原:それは毎日のように実感しますね。例えば、「油っぽい料理は食べていないですか?」と質問すると「食べていない」と返答されますが、話を進めると、どの料理に油が入っているかわかっていない、ということも多いです。油が使われていないと思っていた料理に実はたくさん油が使われている、ということも多いですからね。自分が毎日食べる料理にどんな栄養素や調味料が含まれているのかを把握できていない人が多いと感じます。毎日の習慣として食事を摂取しているだけというケースが目立つので、まずは食生活が乱れているということに気づくことが大事ですね!

-確かに普段食べる料理に対して深く考える人は少ないように感じます。今後鍼灸業界で新しいことにチャレンジしようと考えておられるのか、ぜひ最後に教えていただきたいです!

猪原:鍼灸や骨格矯正で美容を作り上げることは大切ですが、実際は限界があります。私は鍼灸や骨格矯正に加えて、日々の食事管理と正しい身体のトレーニングを組み合わせたいと考えています。内側からの改善、そして外側からも刺激を与え、トータルビューティーを提案し、悩んでいる人たちの為になりたいです。また、「美容×健康イベント」を開催し、顔以外にもボディライン改革にもチャレンジしたく「パーソナルジムの立ち上げ」と「自然に内側からキレイを実現する食事管理プログラム」の立ち上げを今まさに準備しています。日本も健康意識が高まってきている世の中ですが、間違った認識も多いので鍼灸師でもある僕が正しい知識と健康・美容との向き合い方を伝えていくことで「鍼灸に興味はあるものの施術を受けたことがない」という方にも、鍼灸治療を身近に感じていただけるように努力していきたいです!